こころころころ風吹くままに(心と身体を見つめて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 人を活かす言葉を、常に!

<<   作成日時 : 2018/05/06 10:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
写真は風の会の日満月らでした。

子どもに注意する時に
「ダメ」って言葉から入っちゃいけません。

否定された感覚が染み付いていきますから、今やっている困ったことを止めるために、「ダメよ」から始めることを止しましょう。
親も、少し心にゆとりを持って、どんなに急いで止めたい時にも、やっちゃいけない理由から教えてあげましょう。
「○○だから、やっちゃいけないんだよ、やめようね」
心に届けば、簡単に止してくれるのです。

子どもが言うことを聞かない時は、言葉に愛が足りていない時なのです。

「ダメよ、さわっちゃ、お店の人が困るでしょ」と
他人さんのお子さんに注意したら、お母さんに怒鳴られたと書いて合ったのですが

触っているその子はわからないので、触ったらどうしていけないのか
まず、それを教えてあげる「愛」のおもいが大切なんです。

子どもがしていることをそばに居ながら注意しない親を非難する心のままで言葉を出すから、自分が相手を非難している通りが返ってくるのです。

心はエネルギーです。
発した通りが返ってくるのです。

まかないタネは咲かない
心が蒔いた通りが返ってくるのです。

大人との会話も、相手を無理やり変えようとするのではなく
相手の心が喜べて活かされる方向に言葉を選んで対話する心配りを忘れないようにしたいものです。
よろしくお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人を活かす言葉を、常に! こころころころ風吹くままに(心と身体を見つめて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる