一呼吸、冷静な判断をする習慣を

今朝、なにやら気になる○○子さんにTELした。

何だか、いちいち気に入らなくって、あたりたくなるんだとか。

そんなことがある方 居られませんか?


心を独学し始めて、徐々に変化してきた最近の私。

以前は、相当いつでも冷静で、怒ろうと決めなければ怒らない。
そんな感じだった。

しかし、最近は相手によって、イライラが飛んでくる。
そのようになってみて、自分の感情とは違う気のエネルギーの影響があるんだ。
そのことを知った。

人に会って、イライラをイキナリ感じる時がある。
そういう時は、一応
「イライラする感じがあるよ」と、まず伝える。
それだけで、一つ落ち着けるんです。

なぜなら、
イライラの原因の本人が 自分の胸に手を当ててみてくれるから
なにが原因か、反省を始めてくれるから、気が落ち着いてくる
勿論、相手が原因をわからない時は、サポートする。


世間に存在する気の影響を とっても受けやすい方とかがある、
そういう方は、自分に起きてくる感情の起伏を、すべて自分自身だと思ってしまってる。
結果、イライラや重く落ち込む感覚などから抜け難いまま過ごすことがあるようです。


人の気の影響を受けている時の対処法

① 一呼吸して、人から来る、人の気の影響を感じていることに気付く努力をする
② マイナスの状態の人の気持ちを一呼吸してわかろうとする。
③ 心に寄り添い、気持ちを引き出す努力をする。
④ その後は共に発想の転換を探してあげ、ほぐして上げようと努める
⑤ 結果として、傍に居る人が落ち着くから、自分が容易に気分が軽くなり、イライラや落ち込みから抜け易くなります。


自分の感情がどうにもコントロールできない
そんな時は、一呼吸してみましょう。

そして、この感情はいったいどこから誰から来るのか
そのことをわかろうとしてみましょう。

わかろうとする時の感覚は、これって誰の気持ち?・・・と
自然と流れるままに顔が向く方向に居る人、その人が原因の人です。

人間って、自分が何をやっても自信がない時
自分だけがダメなような錯覚に陥ります。

しかしね、人は以外にも自分と同じような状態になりがちなものなんです。
逆を言えばまた、自分自身が知らず知らずに人の気の影響を受けている
そして、また人にも影響している それが現実なのです。

だから、人に思いやりを持って接し、気持ちを変えられるように
手助けすると、自然と自分自身の心も軽く変化し易くなるのです。


わかりあう努力を続ければ、かならず思いが変化し易くなります。
みんなが、一呼吸して思い遣りあって生活する。

そのような習慣を身に付けていきましょう。
そうすれば
イライラが募り過ぎて、誰にも言えずに頂点に達して殺人に・・・
そんなどうしようもない人も減ってくるのではないかと思うわけです。


ヤッパリ必要なのは、自分に嵌りすぎないこと。
究極、思い遣り深く、周囲の人の気持ちを理解しようとする努力
やりきれない気持ちがあるならば、支え合う心
これを忘れないようにすることが大事ですね。


○○子さん、電話を切る頃には、涙声でありがとうと言ってくれた。
その後の一日は、さてどうなったでしょうかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック