画像
おはようございます。

人の世の縁というものは、不思議な物だと思いますね。

見知らぬ方が、膠原病に罹られて、手足のしびれ、ご自分で動くこともできない状態にあられると
治療法も難しい状態です、どなたかよい治療法をご存じないでしょうか。
と書かれていた。

気に掛って、すぐにメッセージを送ろうとした。
5行ほど書いて、消してしまった。

この私の性格は実に厄介で、知らない人でも治る可能性を投げかけて差し上げたいと思ってしまうのです。

コメントすることは止したものの。お苦しいだろうと、気に掛り、今度はメッセージを送ろうとしました。

長く長く、安心を差し上げたい想いと、繋がれるようにとの想いを書いていた。


しかし・・・突然ほかのページに移動して、すべて消えてしまった。
そうなんだね、私では無理な方だから、最初のコメントも消してしまったんだね。
なんだか、納得するしかなかった。


心の片隅から、この見知らぬ方のことはしばらく消えはしないだろうな。
だけど、縁が繋がらないものだったら、仕方がないことだから。。。ね。
と、自分自身に言い聞かせています。


病いを治そうとしないでください。
治すべきは、今、歪んでしまっている魂のひずみなのです。

魂のひずみを治そうとすれば、自然と病は、快癒へ向かうのです。

身体は全身で、自分自身の内なるものへ問いかけをしているのです。
自分自身の魂のひずみを修正するべく、力いっぱいメッセージを送っている。
それが病気なのです。

頂いた病名を以って、ただ困惑して、その病を治そうとだけしないこと
これが最も重要なことなのです。

医療の足りない点は、その点に尽きるのです。


心に

見失ってしまった

愛を

取り戻す時


それが病の意味なのです。


今日は、家事をしたくてブログを夜までお休みするつもりでいました。
でもいつもクリックしてくださる方々に、心に感謝を忘れずに
書かせていただくことにしました。

いつも読んでくださって、ありがとうございます。
今日もいい日でありますように。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック