花の気持ち

03744F6B-D844-42AA-9119-A69461D467DD.jpeg
花にも、心がある!
あまりにかわいいから

足を止めて
カメラを向ける

すると
必ず、急に風が吹き始めます
お花が大きく揺れ始めます

以前は
「風さん風さん、ちょっとだけ吹くのをやめてくださいな」
お願いしていた
すると風は止んで、ピンぼけにならずに済みました。

お花さんたちが嬉しいんだな!
気付けたこの頃は
「分かったよ
あなたのかわいさに気付いてもらって
嬉しいんだね
わかったわかったから
ちょっとだけ静かにしてくださいな」

すると、大きく揺れていた花たちは、静かに止まってくれるのです。
そしてぶれない写真が撮れました。

3286AF50-D148-46A3-B33F-FE1B44A0EE40.jpeg
ステキな深いワインカラーに魅せられて
ご近所さんのお花を撮らせていただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年12月10日 23:26
「こころころころ」って
こころは変わりやすく移ろいやすいっていう意味があるんだろうと思う。
そして自分の心が人の心に影響して
人の心が自分に影響する
互いに写しあって
反映されて…
だからなお
ころころってなるのかな。

私はころころが酷い。

例えば
風さんに会って話をしてもらった日
明かりが灯ったような気持ちになり

希望を持って良いのだと
目標を持てば近づいていけるのだと
生きていて良いのだと
生きてこそできることがあるのだと
そう思えて幸せになる。

ところが今日はどうだろう
想像できないような
乗り越え難い何か
何か困ったことが
重く覆いかぶさってきそうな気がして
もがき苦しむ自分が見えそうで
その「見えないもの」から逃げ出したい。
そう思う日がある。
見えないなら逃げられないのに…
誰かがこんな気持ちなのだろうか。

この写真の花のように
ただ誰にも迷惑をかけず
時々、人に安らぎをもたらして
人を思わず笑顔にして
ひっそり生きていけたらどんなに良いか。

心がころころとうつろう。
眠ってしまおう。
何も考えずに。
かぜ
2019年12月17日 00:40
ブログの編集形態が変化して、コメントをいただいたことに気付き難くなってしまい、失礼しました。

心の移ろいを全て自分だとだけ受け取ってしまう時、逆に抜け出しにくくなってしまうでしょう。

人の思いにも気付き、人の心に寄り添い 安らぎを差し上げよう 楽にしようとした時 その人が楽になられるほどに、自分自身の心も楽になります。

急な想いの変化を どなたか人の思いなのか と気付こうとしたところで、自分が楽になりたくてその方向に心を向けたのでは、それは人の立場になろうとしたわけではなく、自分が楽になりたい思い 自分中心な思いなので、抜け出にくくなってしまいますね。

急に、感情、思いが変化する時は
だいたい触れ合う人の思いを感じている時なのです。
感じ取ることができたことを喜び、人の心に安らぎを運ぼうと心動かせるようになられるといいですね。

いつもお読みくださり、ありがとうございます。