こころころころ風吹くままに(心と身体を見つめて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の傷みに気付きましょう。

<<   作成日時 : 2017/12/29 11:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


「どうしたら、幸せになれるんですか?」

訊かれた。

その時、私はミスを犯した。
質問しているその人の口から出た言葉を、そのままその人自身の言葉として聞いてしまった。

この人は感受性が強くて、いろんな気のエネルギーの影響を受け取りやすいところがあると知っているのに、訊かれたその時、彼女自身の心の持ち方を教えようとしてしまいました。

後に、その質問は彼女自身の心の言葉ではないと、気付きました。

その後に、様々なニュース記事に遭遇しました。

このクリスマスに、かわいい盛りの四歳児が、母親に殺されたと記事があった。
愛人と虐待して死に至らせてしまったと言うのです。

他にも、母親が犯した世間を騒がせた殺人事件の影響で、ずっと苦しい辛い思いをし続けて生きて来た若者のことが書かれていました。

「どうやって生きて行ったらいいんだろう?」

彼女は折々口にする。

それも、心に変化が生まれるはずのいろんな会話をして、その後に必ずと言っていいほどその言葉が出るのです。

この広い世の中には、それなりに平和に穏やかに生きれている私たちには、及びもつかないほどの悲惨な状況の中を生きている人たちがいる。

私たちは、自分の幸せにはまる時
視界に入らない人の傷みを気付き損なってしまうでしょう。

今の私自身が、たくさんの苦しみとともに生きておられる人のことなど気付きもしないで生きているのが現実です。

昔々、[マッチ売りの少女]というお話がありました。

幼くして読んだ頃、近い境遇だったような…
それだけにこの少女の命の終わりに、涙した幼き日だった。

そして今も、この本の主人公に近い境遇を生きている人が存在することなど気づき損なったまま日々を生きている。

彼女の発する
「どうやって生きて行ったらいいんだろう?」
の言葉は、今の苦しさから、どうやったら抜け出せるんだろう?

そんな思いの中で生きている見知らぬ人の心に気付きなさい。

そんなメッセージだとは、聞いた瞬間には気付けてはいなかった。

別には、9歳児が母親に虐待されている、と自分で110番してきた、電話口からは弱い泣き声しか聞こえなかった。
逆探知して家を特定したと合った。

自分の幸せだけに浸って暮らしていると、そんな辛さの中を生きている人がいるとは気付けない!
自分の苦しさや自分の辛さにだけはまっていても、気付くことはできない。
もっと苦しい人がいることにも目を向けましょう、気付きましょう。

そして、そんな人たちにも優しさや温かさがある暮らしに行きつけるように、優しさもっと膨らませて生きましょう。

歳末の片付けも何もしないままに、時間が流れました。

それでも、気付き損なっていたことに気付けたことを、良しとします。

自分の小ささ愚かしさに
改めて、気付かされた思いの年の瀬です。

一人一人の人全てが穏やかな幸せな気持ちで暮らせる日が、いつか来るためにも

自分の幸せばかり求める愚かさは、なくしたいものですね。

今、私は幸せ過ぎて
愚か者に成り下がっていたことに、気付いた時間でした。

キラキラ輝くイルミネーションに、綺麗だけれど愚かさしか見えない訳が、わかった気分でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もっと苦しい人がいることにも目を向けましょう、気付きましょう。

そして、そんな人たちにも優しさや温かさがある暮らしに行きつけるように、優しさもっと膨らませて生きましょう。


はい。
このフレーズを、常に心に置いて生きます‼️ ありがとうございます。
さつき
2017/12/29 22:45
いつと読んでくださって、ありがとう😃

新年は、心機一転、明るい未来に向かいましょうね、お互いに!
かぜ
2017/12/31 12:03
明るい未来にする為にも乗り越えてほどほどに頑張ります❗
ほんっとうにサポートしてくださってほんっとうにありがとう❤️
さつき
2017/12/31 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
人の傷みに気付きましょう。 こころころころ風吹くままに(心と身体を見つめて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる